スポンサーリンク

Windowsの変換・無変換キーでIMEの日本語入力をオン/オフにする②「Google IME編」

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回は「Microsoft IME」の変更を行いました。

今回は無料でインストールできて評価も高い「Google IME」も同じ設定にしてみました。

ダウンロード

以下ページにジャンプします。

「Windows版をダウロード」をクリックしま す。

利用規約を一読し同意いただいたら「同意してインストール」をクリックします

ブラウザによっていダウンロードの保存の仕方は若干変わります。
私の利用ブラウザはクロームなので、ブラウザ左下に以下のようにダウンロードデータが現れます。
クリックしてインストールを開始します。

インストール中以下の画像が表示されます。
任意にチェックしていただいて「OK」をクリックします。

これでインストール完了です。

私の設定

本来の変換の機能として変換決定後の再変換ができます。
それを潰してしまうのはもったいないかなと思って、変換のすぐ右のかたかなでできるように設定しました。

以下のように使えます。
再変換したい文字をドラッグで選択してからかたかなを押下します。

設定するのがめんどくさいよーって人は私の設定をエクスポートしましたのでよかったら使ってください。

※上書きになりますので既に設定を変更しているものも上書きになってしまうのでご自分で変更した箇所は再設定をお願いします。

インポートの方法は以下のように「編集」から「インポート」をクリックし、上記のzipを解凍したテキストを選択してください。

IME選択

複数IMEが入っていると何故か違うIMEに変わっているときがあります。

すごくイライラします(>ω<;)

私はGoogle IMEを使うと決めたのでMicrosoft IMEは使いません。

Microsoft IMEに変わるのを阻止するために削除しちゃいます。
※削除しても簡単に復活できます。

まずはPC画面右下の吹き出しマークをクリックし「すべての設定」をクリックします。

「時刻と言語」をクリックします。

左側の「言語」をクリックし「オプション」をクリックします。

「キーボード」から対象のIMEの「削除」をクリックして削除完了です。

もし削除したものをまた戻したい場合は「キーボードの追加」を押せば削除したものが表示されますので安心してください。

これでGoogle IMEも前回と同じような設定にできました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました