スポンサーリンク

Windowsの変換・無変換キーでIMEの日本語入力をオン/オフにする①「Microsoft IME編」

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

通常はキーボード左上の半角/全角ですが、現在の入力モードをいちいち確認したり、意識してないと誤入力になります。

今回Windows10にアップデートしたので(今更ですが)以前に設定していた変換無変換キーでIMEの日本語切り替えの設定を記載しておきます。

Microsoft IME

1.画面右下の「A」(日本語の場合「あ」)を右クリックし、「プロパティ」を左クリックします。

2.「Microsoft IME の設定」が表示されたら「詳細設定」をクリックします。

3.「全般」タブの中にある「変更」をクリックします。

4.ターゲットは左赤枠の二つです。
無変換を変更する場合は、すぐ右の青枠の「かな切替」をクリックしてから「変更」をクリックします。

5.「無変換」は「IME-オフ」を選択してOK。
「変換」は「IME-オン」を選択してOK。

6.以下のような画像になれば設定は完了です。

文字入力を切り替えするときに「あ」や「A」が画面に表示されるのをオフ(おまけ)

Window10で文字入力を切り替えするとき下の画像のようにでかでかと「あ」とか「A」とかの画面中央にアピールしてくるのが目障りでこれも非表示にしました。

上記「1.」 のプロパティを開きます。
[Microsoft IME の設定] 画面が表示します。
[IME 入力モード切替の通知] の [画面中央に表示する] チェックボックスをオフにします。

これで終了です。

まとめ

一度これで慣れてしまうと、いちいち今の状態はどっちだ!目を離してキーボードに切り替えて左上のボタンを押す!
なんてことはないので非常に楽です。

もう離れられません。

次回は別のIMEも変更してみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました